省エネや再生可能エネルギーの活用などといったエコに関する関心は非常に高まっています。

 

ですが、各家庭において屋根を使った比較的規模の大きい太陽光発電設備を設置したり、庭などの空きスペースを活用した風力発電設備を作成するのは設備面や資金面でハードルが高い作業となります。

 

そこで、発電量こそ少ないものの、初期投資も少なく、ベランダなどの省スペースで太陽光発電や風力発電ができる機器が販売され始め、特に集合住宅に居住している方々を中心に導入が進んでいます。

 

ベランダに自分自身の発電設備を持つメリットとしては、地震や落雷などによって送電設備が故障し、停電が発生した場合においても電気を使い続けることができることでしょう。もちろん、もちろん、””発電出力の範囲内で””という制限はありますが、地域一帯が停電している際に電気が使えるというのは非常に大きなポイントです。

 

また、自分自身で電力を作り出せるということは電力事業者から購入しなければならない電力の量が軽減できるということですので、実質的に節電をしているのと同様な効果を得ることが出来ます。

 

もし、南向きで日照量が十分に確保できる、もしくは立地上安定して強い風を受けられるベランダがあるのであれば発電設備の設置を考えてみるのも良いかもしれませんね。