ベランダ発電をするときに注意したいこと

ソーラーパネルを利用することで太陽光発電を可能にすることからも、住宅の屋根以外にも利用する人がいます。

 

例えば、マンションなどの場合は建物の屋上は共有部分であり、勝手にソーラーパネルを設置するわけにはいきませんので、ベランダなどを利用する事になります。

 

また、普通の住宅でも屋根だけではなく、ベランダの有効スペースを利用すれば小規模ではありますが、発電設備を設けることが可能になるのです。

 

 

屋根の上に設置するものとは異なり、発電量は少なくなりますが、十分な電圧を確保することは可能です。

 

 

但し、設備機器には防水加工などが施されているものを利用していくことがコツと言えます。
ケーブルを延長する場合などでも、接続コネクターに防水加工が施されているものを利用しないと接続機器をショートさせてしまい、故障の原因に繋がります。

 

 

因みに、ベランダで発電を行う場合には、ソーラーパネル、バッテリー、バッテリーへの充電と放電の管理を行うチャージコントローラと言った機器が必要になります。

 

尚、チャージコントローラは、ソーラーパネルで発電した電気をバッテリーに充電する際に、過充電を防止する目的と、過放電を防止する目的として存在するもので、バッテリーを保護する大切な役割があるのです。