バッテリーとは

太陽光発電で発電した電力は、家の中で利用をし、余剰電力を電力会社に買取りをして貰う事になりますが、最近はこの流れに変化が起きています。

 

それは、昼間発電を行った電力を蓄電池にためておいて、夜間に利用すると言うものです。
これは発電量に応じてバッテリーでもある蓄電池にためていけるもので、大きいバッテリー容量を持つ蓄電池などの場合ですと、多くの家電品を数時間動かすことも可能になる蓄電池もあるのです。

 

但し、多くの電力を蓄電池に貯めていくためには時間が必要になります。

 

 

一般的にバッテリーと言うのは、バッテリー容量に応じて、電力をためる時間が変わります。
大きいバッテリーにはそれだけ多くの電気を貯める能力が備わっていますので、フル充電させるのに数時間の時間が必要になるのです。
また、大きいバッテリーがフル充電されていることで、電力が多く蓄積されていますので、電気を長い時間使えると言う事にもなります。

 

 

停電などが起きた場合、太陽光発電を導入してれば、太陽の光が在る時間帯は発電が可能になっても、夜間は電気を使えなくなります。
しかしながら、バッテリーなどの蓄電池設備があれば、夜間でも昼間ためた電力を使えるのです。