チャージコントローラー

 

 

住宅用太陽光発電モジュールは通常屋根の上に設置します。それに対して、最近大手メーカーなどから発売されるようになったシースルー太陽電池モジュールはサッシやベランダの手すりに設置することができるように、金属フレームを無くし、合わせガラス構造となっています。従来型の太陽光発電モジュールでは実質上戸建にしか設置することができませんでした。しかし、このシースルータイプが販売されるようになり、マンションなどでも小規模ながら太陽光発電が可能になりました。また、戸建てでも小規模な発電を希望する場合には便利です。

 

 

このシースルー太陽光発電システムを自分で作ることも可能です。それに関する書籍やインタネットなどでも情報が配信されているので、参考にすると良いでしょう。その際重要なのは、太陽光モジュールとバッテリーの間にはチャージコントローラーと呼ばれる装置を設置することです。このチャージコントローラーは充放電コントローラーと呼ばれますが、発電された電力がバッテリーへ供給されるとき、過充電になることを防止したり、充電する際の電圧を制御したりすることができます。さらに、バッテリーの電圧が低くなっているときに電流が逆流することを防止する役割も担っているなど、大変重要な装置です。