チャージコントローラーの選び方

太陽光発電は太陽光を利用した発電システムなので取り入れやすい発電システムです。

 

火力発電のように二酸化炭素(CO2)の排出をせず、空気を汚さないので地球温暖化防止に効果的で地球にとてもやさしい発電です。
住宅用の太陽光発電システムも普及し、停電時、災害時にも電気を確保できる点が注目されています。

 

発電して余った電気は買い取ってもらえたり、国や地方自治体から補助金も受給できるので利用者側の金銭的メリットもあります。

 

太陽光発電には太陽電池(ソーラーパネル)と蓄電するバッテリーとチャージコントローラーが必要になりますが、
チャージコントローラーは充電に最適な電圧や電流を維持するもので、また電気の逆流を防ぐ重要な役割があります。

 

たくさんの種類があり最大入力電圧などで使用するソーラーパネルの発電量(W)と、バッテリーの蓄積量とのバランスを考え、使用する太陽電池の最大動作時電流値を満たす容量のものを選ばなければなりません。バランスの合わないものを使用すると発電能力が落ちて効率よく電気を維持できなくなります。またタイマー機能や太陽電池の発電量を表示する付加機能付のチャージコントローラーなどもありますので必要に応じて適切なものを選びましょう。