ベランダ発電を始めるときに準備するもの

一戸建てなどの住宅を持つ人は、屋根の上にソーラーパネルと言われる太陽電池を設置することで発電を可能にします。
これは太陽光発電と呼ばれるもので、太陽エネルギーと言う再生可能エネルギーを電気エネルギーに変換しているものなのです。

 

 

尚、マンションに住んでいる人は、屋根と言うものが在っても、そこは共有部分ですので勝手に発電設備を導入することが出来ません。
しかしながら、マンションに住んでいても、ベランダやバルコニーなどを利用することで、小規模ではありますが、太陽光発電を行う事が可能になるのです。

 

そのため、マンション用の発電設備も注目されているのです。

 

 

但し、マンションで発電するためにはいくつかの条件が必要になります。
まず、太陽光発電は太陽の光が太陽電池に照射されなくてはなりませんので、部屋の方角が南側に向いているか、南西もしくは南東であることが必要とされます。

 

それとベランダに太陽の光が照射されることが条件となるのです。

 

 

また、ベランダで発電した電力はそれほど大きな量ではありませんので、バッテリーに充電を行い、そのバッテリーに蓄積された電力を利用することになります。

 

それと、バッテリーに充電を行ったり、放電をコンロトールするためのチャージコントローラーなどの設備が必要になります。”