バッテリーの選び方

震災以降、電力不足などの影響によって個人の家庭にも導入できる発電システムとして太陽光発電に興味を持つ人が増えています。太陽光発電では従来の発電システムのように大規模な施設を必要としないため、個人の住宅に設置することは容易です。

 

しかし、太陽光発電には太陽が出ていない日や夜間には発電できないという弱点があります。この弱点があるせいで天気の悪い日や夜間の停電時に、太陽光発電のシステムがあっても肝心の電力を使えないといったことがあるのです。この弱点を補う方法として、太陽光発電のシステムにバッテリーを組み合わせるという方法があります。天気の良い日や日中に太陽光によって発電した電力をバッテリーに蓄えておくことで、急な停電時に備えておくことができるのです。

 

バッテリーにはさまざまな容量のものがありますが、特に大容量の電力を蓄えておけるタイプの場合、容量に比例してバッテリーも大型となってしまうため設置場所についてよく考慮しなければなりません。バッテリーの設置場所としてベランダなどを選ぶ人も多いでしょうが、災害時など急な避難行動が必要になった場合に備えてバッテリーを設置するときには避難経路を十分に確保するようにしましょう。